2016年度新城設楽生態系ネットワーク形成フォーラムを開催 (火, 01 11月 2016)
>> 続きを読む

広葉樹の植樹体験と奥三河の魅力再発見ツアー開催します (木, 01 9月 2016)
>> 続きを読む

積木貸出し事業を始めました (金, 15 4月 2016)
>> 続きを読む

新城設楽地域の自然観察マップを作成しました。 (火, 08 3月 2016)
>> 続きを読む

2016年度新城設楽生態系ネットワーク形成フォーラムを開催 (火, 01 11月 2016)
>> 続きを読む

広葉樹の植樹体験と奥三河の魅力再発見ツアー開催します (木, 01 9月 2016)
>> 続きを読む

積木貸出し事業を始めました (金, 15 4月 2016)
>> 続きを読む

新城設楽地域の自然観察マップを作成しました。 (火, 08 3月 2016)
>> 続きを読む

ニュース


新城設楽生態系ネットワーク協議会の連携事業


愛知県において策定された「あいち生物多様性戦略2020」(平成25年3月)では、多様な主体が各地域の自然のあり方や目指すべき姿、生態系ネットワーク形成等共通の認識を持ってコラボレーション(協働)する生態系ネットワーク協議会の設立を掲げており、当地域においても「新城設楽生態系ネットワーク協議会」を2013年度に設立しました。 

 

健全な森林生態系の保全・創出により、新城設楽地域の生態系ネットワークを形成すること、また、生態系ネットワーク形成を通じて人と人とのつながりを育み、生物多様性の主流化を進めていくことを目的に、人工林皆伐地等への広葉樹を植樹事業、人工林の間伐材を活用して作成した積み木を使った啓発事業等を実施しております。

新城設楽生態系ネットワーク協議会の展開事業


・人工林の広葉樹林化(植樹)事業

 人工林(針葉樹)率が高い新城設楽地域では、広葉樹林を増やすことにより、健全な森林生態系を保全・創出することが、生物多様性保全につながると考えています。生物多様性豊かな林を創出するため、人工林皆伐地等において地域住民、当協議会構成機関等が参加した植樹イベントを開催しています。

・積み木啓発事業

 健全な森林生態系の重要性を啓発するため、人工林の間伐材を活用して作成した積み木を使った啓発事業を地域のイベントにブース出展・参加し展開しています。積み木の製作作業は、多様な主体の協働(コラボレーション)によって実施した。

・新城設楽生態系ネットワーク形成フォーラム事業

 新城設楽地域における「森・生きもの・人が共生する持続可能な地域づくり」を実現するための方策を地域全体で探る、年度よりフォーラムを開催しています。